読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近野克彦の婚活日記

2017年から婚活を本気で始めた39歳の婚活記録です。

婚活ブログ始めます

初めまして、近野克彦と申します。

(わかりやすいかもしれませんが、念のため。偽名です。)

 

齢40を目前にして、さすがにこのまま独身はマズイ!と

一念発起して婚活を始めることとしました。

そしてその記録を残すためにブログを開設したというわけです。

なお、具体的なサービス名や個人名は伏せないと色々と問題がありそうなので、

すべて仮称・偽名で書く予定です。

ま、備忘録的な感じですかね。

 

 

ということで、このブログを始める前までの状況や経緯を整理してみましょう。

 

まず今年に入ってすぐ、

一年の計は元旦にありとばかりに婚活支援サービスをググりまくったところ、

あるサービスが圧倒的に廉価でイメージも良かったので、

そちらを利用することにしました。

 

が、まずは無料相談から、と書いてあるのに、

なんとその予約が一か月後まで埋まっているという衝撃の事態。

まさかでしたよ。

そしてこの世の中に蔓延る闇を見ました。

こういうサービスを使わないと、結婚相手が見つからない、

そういう人が激増してるんだなーと思いました。

自分は決して例外的存在じゃないんだ、と

それだけでも心強い気持ちになったものです。

 

 

さて、一か月待って2月の頭に無料相談に行きました。

担当についてくれたKさんが美人!

むしろあなたを紹介してください、なんてことを言いそうになりましたが、

ここで言えるキャラならここまで独身じゃないわけで。

まぁその美人であるKさんに色々と話していくうちに、

見た目は全然問題ないとお墨付きをいただいて、

ちょっとだけ自信が生まれたのをいいことに、

その日のうちに入会を決めちゃいました。

 

が、そこから登録までがなかなか面倒な手続きがありました。

独身証明書の提出、

源泉徴収票の提出、

③資格証明書の提出、

④いい感じで撮れた写真の提出、

⑤プロフィールや趣味嗜好の提出、

という感じです。

 

①の独身証明書なんて初めて聞くワードでしたが、

これは本籍地じゃないと取れない奴で、

結婚してないよ!って証明を自治体にしてもらうという

そういうものでした。数百円で取れます。

 

それと④のいい感じで撮れた写真ですが、

婚活が本格的に始まった今としては、

いいスタジオで撮ってもらったのが本当に良かったなぁと思ってます。

最初にKさんに勧められたときは、

さすがに写真で15,000円以上払うのは・・・としり込み気味だったのですが、

まぁ記念になるか!とばかりに表参道のスタジオで

ばっちし決めた写真を撮ってもらいました。

自分的にはどうだかイマイチわかりませんが、

スタイリストさんはカッコいいと連呼してくれたので

まぁまぁ悪くない写真になったのだと思います。

 

 

そんな感じで書類が全部そろってから、

改めてKさんと再面談をして、

2月の下旬に本登録開始となりました。

週に一回更新日がやってきて、

その更新日の前の日曜日までの

自分からしたアクションや相手からのアクションがわかる

というシステムになってました。

 

これ、毎日リアルタイムでわかるよりいいシステムですね。

毎日、「あぁ今日も誰からも来ず、自分からのは断られたか」と

ログインするたびに落ち込むよりは

週に一回その絶望を味わう方がマシだろう、なんて言う気もします。

 

そんな考えを持ちつつ、

まずはお相手候補の方のプロフィールをひたすら眺めまくりました。

検索範囲は関東、年齢は28~38歳、身長は140~170cm、

みたいな感じで範囲を決めたところ、引っかかった件数は800件ちょっと。

とりあえず全部拝見しようと心に決めて、

しばらくはひたすらそれに時間をつぎ込みました。

 

で、初月度ボーナスなのかわかりませんが、

本来は毎月10名まで申し込みができるところ、

2月は20名までOKと言われてたので、

なんとかその800名オーバーの方々から20名程度に絞り込んで、

ようやくオファーを出す気持ちを固めて出しました。

いや、これだけでもちょっとだけ心理的ハードルあるんですよ。

だって、OK貰ったら会うわけだし、ダメなら傷つくわけだし。

 

しかししかし。

日付が変わって月曜日の0:00過ぎのオファーになってしまってました。

ということで、自分からのオファーは次週送り扱いになったのです。

初週から出遅れ感。

あー、やっちまったなぁと思いつつ、

まぁゆっくりやればいいかと思い直して迎えたその水曜日。

驚きの事態が自分を待っていました。

 

なんと女性からのオファーが13件も来ていたのです!

これには心底驚きました。

これまでの人生で女性から好意を向けられたことなど

認識できたものは数えるほどしかないわけですよ。

それが13件も同時に来るなんて

もはやいい意味でのパニックに近い状態になりました。

あれ、これって本当に婚活市場においては、

自分はそれほど価値が無いわけではなかったんだ・・・

と心底安心したと同時に嬉しくなりました。

ま、会ってもいいかな、って思われたレベルだろうし、

まだまだぬか喜びに過ぎないとはわかってますけどね。

 

13名の方のプロフィールや趣味・嗜好、居住地域などを見て、

5名の方には申し訳ないのですがお断りを入れました。

そして残った8名の方とは出来る限り会おうと決めて、

現在日程を調整しまくっているところです。

 

既に5名の方とは会う日取りが決まってます。

最初は軽くカフェで1時間程度話すというルールなので、

気楽に行ってこようと思ってます。

いやー、楽しみですね。

 

ということで、次回からはその方々と会った印象を書いたり、

その後の展開を書いたりしようと思ってます。

それと自分からのオファーの結果も書こうかな。

 

では、次回に続きます。