読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近野克彦の婚活日記

2017年から婚活を本気で始めた39歳の婚活記録です。

一人目サトさん

ども!近野克彦です。

 

今日は昨日のブログに書いた通り、

婚活サービスを使い始めてから初の

お見合い(?)でした。

 

お見合いとストレートに言えないのは

サイトで予定を合わせて二人だけで会うので

性質としてはお見合いなんですが、

コーディネーターさんとかが同席しないというとこで

何と呼べばいいのやら、という感じです。

よし、セッションと呼ぼう。そう決めました。

以後セッションで統一して書きます。

 

さて、待ち合わせ場所は新宿の南口あたりでした。

意外と駅から遠い場所だったことに

移動中に気づいてちょっと焦るも

何とか時間の5分前に到着。

既にお相手のサトさん(仮)はいらっしゃってました。

 

で、まぁ忌憚なく申し上げれば

やはり婚活の写真ってのは奇跡の一枚に近いものを

選んで載せてるんだなぁと痛感しました。

いや、普通の方ですけどね。

ただ、近藤サトに似ている写真とは随分違って

普通のそばかす多めなお姉さんでした。

年齢は自分より3つほど年下なんですが、

落ち着いた雰囲気のあるところと

ちょっと自尊感情が低そうなところがあって

お姉さんという印象を持ってしまいました。

 

待ち合わせ場所すぐにカフェがあったのですが、

すでに満席だったので別を探すことに。

移動しながらゆるめにトークをしましたが、

まったく緊張せずに話せました。

で、気まずいことにカフェがどこ行っても満席。

さすが三連休の新宿でした。

 

ようやく普通っぽいカフェで

ちょうど空席ができたところに通りがかったので、

そちらに入って落ち着きました。

既にお互いのプロフィールはネットで確認してるし、

自分の氏名は名前だけしか言えないし、

必然的に自己紹介っぽいことはなく

そのまま普通にしゃべり続けることに。

 

しかし今思えば、とりあえず自己紹介的なものを

お互いにやるべきだったのかなぁなどとも思います。

質問しあって会話が進んでいく感じでしたが、

結局趣味の話とかもそれほど膨らまなかったし、

しまいには労働環境の話とかマジメか!って言われそうな

堅い話題をしてしまっていました。

 

そんなトーク内容が良くなかったのか、

次第にトーンが下がっていくのを肌で感じた頃、

1時間が経過していたのに気づいて

「お時間とか大丈夫ですか?」と水を向けると

「あ、じゃぁそろそろ…」と惜しまれる空気もなく

そのまま解散という雰囲気になりました。

 

盛り上がったシーンは、なんと驚きのアニメトークという。

何が役に立つかわかりませんな。。。

しかしそこがハイライトで仕事の話は全然もう。

昔管理職をやってたのが明らかに裏目に出てますね。

 

そんなこんなで初のセッションは終了しました。

反省点は多いですね。。。

まず写真との印象の落差に内心ガックリ来てしまい、

ぜんぜんお相手のことを褒めたりできませんでした。

それとカフェがちょっと騒々しくて

聞き取れなかったことが何度かあったりして

上手いことイエスセットやバックトラックも決められず。

 

たぶん、向こうにいい印象は持って貰えなかったろうなぁと

そんな思いが残るままに終わった初回でした。

 

初めて会った今日のサトさんが基準値となって、

今後の人たちを見ていくことになると思いますが、

その結果としてサトさんが上位に来ることもあるかもしれないし、

とりあえずは様子見かな、というところですね。

 

明日はなんとトリプルヘッダーです。

ビビっとくるひと居たらいいなぁ。