読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近野克彦の婚活日記

2017年から婚活を本気で始めた39歳の婚活記録です。

マリさん3回目からのゴール

ども!近野克彦です。

 

婚活ブログを初めてはや2ヶ月ほど経ちましたが、

タイトルの通り一つのゴールに達しました。

それはまたあとで書くとして。

 

とりあえずマリさんと3回目のデートへ。

場所は都内のオシャレっぽい街で待ち合わせて、

カフェでご飯を食べるところを決めて

その足でスープカレー屋さんへ行きました。

 

割と距離は歩いたのですが、

ぜんぜん会話が弾むので苦じゃない時間で

どんどんマリさんがかけがえのない存在に思えてきました。

 

スープカレーはまぁ美味しくて!

それも手伝ってくれたかさらに会話は弾んでいきまして、

気が付いたら3時間くらい経過してました。

 

そこでとりあえずそのお店は出て、駅方面へ。

ふと思いついてカラオケに誘うとOKとのこと。

かなり気持ち的にも盛り上がってきてたので、

カラオケでラブソング歌ったりしつつ、

雰囲気次第で・・・なんてヨコシマなことを多少考えたり。

 

歌を数曲歌うのもそこそこに結局おしゃべりをする二人。

どうやら相当喋るのが好きみたいです。

 

で、退室時間間際にそういう雰囲気になったものの、

冷静になると他の継続状態の方との約束とかは

どうすればよいのだ?という疑問が沸きあがってきて、

その辺りをクリアにしてからお付き合いしましょう、

ということになりました。

 

そこからはもうベタベタですよ。

もう意思の疎通はほぼできてるわけで、

お酒の勢いも借りて、帰路はボディタッチしまくりでした。

 

 

家に帰ってから、さぁどうすんべか?と思って

親友に電話で相談してみました。

すると、中途半端に他の人と会ったりするのは

絶対よくないよ!というありがたい言葉をいただきまして。

確かにその通りだと得心して、本日ちゃんとしてきました。

 

具体的には本部に連絡してマリさんとお付き合いする旨を伝え、

他の継続状態の方には個別に連絡をして、

会う約束の予定をキャンセルしたうえで、

お付き合いする人ができたことを伝えました。

 

そして昼からマリさんと再度会って、

ランチを食べつつ、プレゼントとして買ったお花を添えて、

改めて身辺整理が終わったことと、

結婚を前提としてお付き合いしてもらいたいという旨を伝えました。

もちろん返事はYesでしたよ。

 

そう、一つのゴールを迎えたというわけです。

あとはこれからおつきあいしていく中でお互いのことを知っていって、

別れた方がいいと思わない限り、

このまま結婚へ突き進むのだと思います。

そうなるよう、自然体で頑張りたいですね。

 

いやー、しかし幸せだ。